「あれっ? このにおいって、ひょっとして……」。東京都内に住む石田卓さん(28、仮名)は、自宅のトイレでぎょっとした。自分の尿から、何ともいえない甘いにおいが立ち上ったのだ。今年1月のことだ。

急いで行った地元の内科で、医師にこう言われた。「数値的にはまだ糖尿病ではありません。でもあなたのように急に体を動かさなくなると、糖尿病になる場合があります。まずは食事を見直してください」。

石田さんは都内の中堅私立大学を卒業したが、就職氷河期で内定を逃し、非正規雇用の建設作業で収入を得てきた。尿に異変が起きたのは、現場でのケガをきっかけに仕事を辞め、求職中の時期だ。確かに、肉体作業をしなくなったのに食べるものはほとんど同じだった。

求職活動の結果、石田さんは4月に大手引っ越し会社の契約作業員になった。再び肉体作業が始まったものの、どう考えても体によくないある習慣がついてしまった。日に何度もコンビニに寄り、買い食いするのだ。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP