インド準備銀行(インドの中央銀行)のラグラム・ラジャン総裁が退任すると表明した。モディ政権とラジャン氏との間で軋轢があったことは周知の事実だが、このように国益を損なう行動をインド政府が取るとは驚いた。

ラジャン氏は金利を徐々に引き下げ、物価安定を図るべきだと主張していた。しかし政府は金利をより大胆に引き下げ、成長に弾みをつけたいと考えていた。

政府はラジャン氏の知識人としての側面を高くは買っていなかった。そうした中、突然政府筋からラジャン氏への批判が噴出したのだ。これまでの業績を疑問視し、「インド的」ではないとこき下ろした。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP