日産系ディーラーの店頭に並んだ「デイズ」。販売再開で燃費は7~17%下方修正された

「販売台数は問題発覚前の水準に戻ったが素直に喜べない」──。ある日産自動車系ディーラーの担当者は浮かない顔で語る。

7月1日、燃費不正問題で停止されていた、日産と三菱自動車の軽乗用車4車種の販売が再開された。国内販売台数のうち不正が行われていた軽は、日産では2割強、三菱自では4割を占め、いわば戦略商品。4月20日の販売停止で、両社の軽販売は実質ゼロにまで落ち込んだ(図表1)。

[図表1]
拡大する

不正発覚後、あらためて示された燃費は、三菱自「ekワゴン」、日産「デイズ」の最もよいモデルで、ガソリン1リットル当たり30.4キロメートルから同25.8キロメートルに修正された。ほかの車種でも7~17%下方修正。すでに対象車を持つユーザーには、補償金として三菱自から10万円が支払われるが、イメージダウンは避けられない。

遠のいた乗り換え客

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP