ロンドンで会見する孫社長。少年のような目で見つめる先に待つのはバラ色の未来か(ロイター/アフロ)

「ソフトバンクはモバイルの会社だと思われているが、ここ10年のことにすぎない。本業をがらっと変えてきた。次のパラダイムシフトを牽引する出世魚であり続けたい」(孫正義社長)。

ソフト卸を祖業としながら、展示会や出版、ブロードバンド、携帯電話と、事業転換を果たしてきたソフトバンクグループが、またも大きく舵を切った。7月18日に英半導体設計大手のARMホールディングスを買収すると発表。9月までにARM株を100%取得する。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP