IoTの波があらゆる業界に押し寄せている。うまく乗りこなせば、中長期的に業績を押し上げることになるかもしれない。

株式市場でも、関連銘柄に注目が集まっている。野村証券の小髙貴久ストラテジストは、「生産性を向上させるテクノロジー、半導体関連は成長を牽引する重要な投資テーマになっている」と指摘する。

一口にIoT関連銘柄といっても多岐にわたる。そのため今回は『会社四季報』において、IoT、半導体、センサー、ビッグデータなど、関連のキーワードが登録されている銘柄を抽出。前期営業増益、ROE8%以上といった条件の下、足元で業績好調な銘柄に限定し、東洋経済予想で今期の増益率が高い順にランキングした。ただし、前期、今期の増益要因がIoT化によるものとは限らないことに注意が必要だ。

(注)『会社四季報』の相場テーマで、IoT、ビッグデータ、データセンター、人工知能、自動運転、ICタグ・カード、半導体、半導体製造、半導体商社、スマートメーター、スマートグリッド、M2M、ネットワーク機器、センサー、ウエアラブルが含まれる銘柄を今期予想営業増益率が高い順にランキング(東洋経済予想)。前期実績と今期予想が共に増益、時価総額200億円以上、ROE8%以上の銘柄に限定。株価に過熱感があるPER100倍以上の銘柄は除く。一部社名は略称。株価、東洋経済予想は8月30日時点

新会社や提携で新たなサービスが続々

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP