大きく掲げられた「11月7日豊洲市場開場!」が鶴の一声でふいになった(8月26日撮影)(撮影:尾形文繁)

「一度決めたことだから、もう造ってしまったのだから、既定路線だから、何も考えなくてよいという考え方はとりません」

8月31日。東京都の小池百合子知事は、今年11月7日に予定されていた築地市場(中央区)の豊洲新市場(江東区)への移転延期を決めた理由について、そう述べた。

小池知事は、予定どおり移転する場合の問題点として、(1)豊洲新市場の安全性への懸念、(2)新市場移転にかかる巨額かつ不透明な費用の増加、(3)情報公開の不足、の三つを列挙。「都民ファースト」に基づき、都民の利益を第一に考えた結果であることを、ことさら強調した。

移転延期を決定した小池都知事。都議会を守旧派に見立て攻める様はまさに“小池劇場”(撮影:風間仁一郎)

設備投資が重荷に

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP