[ポイント1]
バブルにかけ都心郊外へ出店を加速した百貨店だが、大型のショッピングモールやアウトレットモールに客足をとられ停滞が続いた。

[ポイント2]
バブル崩壊で主力の衣料品への消費が縮小、カジュアル衣料にシフト。干天の慈雨だった訪日観光客の購買にも急ブレーキかかる。

[ポイント3]
都心大型店しか生き残れないが、それでは上場に耐えられない。将来はほとんどの百貨店が鉄道会社系列になるとの専門家の見方も。

 

「会社から説明があったのは閉店の報道があった当日だが、どこか心の準備はできていた。お客様も、何年も前から『危ないのでは』とうわさしていたから……」。千葉市にある三越千葉店。半年後の閉店が発表された9月上旬、同店の販売員は焦燥した表情で語った。

商圏人口240万人弱の千葉市で、駅から徒歩5分。立地はそう悪くないはずだが、休日に訪れても店内は閑散としている。衣料品フロアには空きテナントがちらほら。飲食店では、客が声をかけて初めて、厨房から店員が姿を見せた。この空間には、もう何ともいえない緩い空気が流れている。

この店の売上高はここ数年、前年実績を割り込んだまま浮上することはなかった。1991年のピーク時には507億円程度あったが、足元では4分の1ほどに落ち込んだ。収益的にも、三越伊勢丹ホールディングスの運営する百貨店の中では最大の営業赤字店舗だ。

これまでは、徹底したローコスト運営で何とか営業を継続させてきた。追加の設備投資も極力抑えた。営業時間は通常より早い19時までで、光熱費や人件費も削減した。だが、それでも展望は開けない。三越伊勢丹はついに「追加投資をしても将来の収益改善が見込めない」(大西洋社長)と判断し、ビルの賃貸契約期間満了を1年前倒しして閉店を断行することになった。

海外高級ブランドは次々とそごうへ

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP