[ポイント1]
株式や為替など相場を考える場合は、ほかの市場参加者が注目する米国の雇用統計、日米のGDP速報や消費者物価を押さえたい。

[ポイント2]
景気を考える場合は、内閣府「月例経済報告」の「主要経済指標」が効率的。消費総合指数、輸出入数量指数、業況判断DIなどだ。

[ポイント3]
「主要経済指標」の最後の景気動向指数も便利。海外では米国、欧州を押さえよう。中国は統計より専門家のリポートがおすすめ。

 

貿易動向のチェックには、為替レート変動に左右されない「輸出入数量指数」が便利だ

ビジネスパーソンが経済指標を見る目的は、二つに大別できるのではないだろうか。株価や為替レート(以下、市場と呼ぶ)を考える材料として、または景気そのものを考える材料として。実は前者と後者で、見るべき経済指標が異なる。

市場を見る場合には、市場参加者が注目している指標を見極め、機敏に行動したい。「ほかの市場参加者が何を見てどう判断するか」を考える必要があるわけだ。景気を見るうえではそれほど重要でなくても、皆が注目しているという理由から重要な指標となる。

市場参加者が最も注目しているのは、米国連邦準備制度理事会(FRB)や日本銀行の金融政策であるが、経済指標の中では圧倒的に米国の雇用統計となる。非農業部門雇用者数(前月差)と失業率、特に前者は注目度が高い。事前の市場予測との差異が、FRBの金融政策や株価に影響を与える。ベーシックな指標として、日米の国内総生産(GDP)速報と消費者物価統計にも目配りしたい。市場に関連する指標は実にさまざまだが、まずはこうした基礎的指標を読むクセをつけておくとよい。

「月例経済報告」で効率的に指標をチェック

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP