世界中の市場関係者から注目を集めた日本銀行の金融政策に対する総括検証。日銀は「量的・質的金融緩和」(QQE)で経済と物価が好転し、デフレではなくなったという見解を示した。

だが、2013年にブチ上げた2年で2%を達成するという物価目標が実現できていない。QQEは膨大な長期国債を買い入れ、金利を引き下げ、人々の物価予想を引き上げるのが狙いだった。しかし、人々のデフレマインドはなかなか変わらなかった。

そこで今回、9月21日の総括検証の発表に併せて日銀は金融政策の枠組みを作りかえた。ポイントは市場金利の“支配”だ。量の目標は捨て、短期金利に加えて長期金利も政策目標に含める前例のない形だ。

長期金利を牛耳る日本銀行の新常識

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP