──ドナルド・トランプ次期大統領が掲げる政策をどうとらえていますか。

同氏の主張には根本的な問題がある。歳出を増やす一方で、全所得層への減税を実施し、(米国政府の)予算を均衡化するというが、3つを同時に行うことはできない。数字的に帳尻が合わないのだ。

守れない公約をするという意味で、彼はポピュリスト(大衆迎合主義者)のレッテルを貼られている。公約の多くを破ることになるだろう。

ジョセフ・E・スティグリッツ
Joseph E. Stiglitz / 1943年生まれ。クリントン政権の大統領経済諮問委員会委員長、世界銀行上級副総裁などを歴任。2001年、「情報の経済学」に関する研究でノーベル経済学賞を受賞。行動する経済学者としても知られ、世界各地を巡りながら経済の現状を冷静に分析する。近著に『ユーロから始まる世界経済の大崩壊』(徳間書店)。(撮影:肥田美佐子)

──現在、連邦最低賃金は時給7.25ドルですが、選挙戦期間中、10ドル以上に上げることも示唆している。

それが、(実現不可能なことを公約するという)好例だ。引き上げてくれればいいとは思うが、共和党は反対の立場を取っている。トランプは共和党が異を唱える多くのことを公約している。

そもそも共和党は、昔から行いが一貫しておらず、誠実でない。たとえば、民主党が政権を取ると財政責任を求めるが、自分たちが与党に回ると支出もいとわない。レーガン大統領は、歴代大統領の中で最大の連邦債務を作り、ブッシュ前大統領も莫大な債務を積み上げた。トランプ政権も、そうなるだろう。

──軍事費の増加も提案しています。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP