キャリアという視点から情報収集が特に重要となるのが、就職活動の時期だ。入社後に違法なサービス残業で社員を酷使する“ブラック企業”が社会問題化している。就職ランキング上位の企業でも、新入女性社員が過労自殺した電通のように、実は労働面に問題を抱えていることがある。就職後に「こんなはずではなかった」と後悔しないために、どうブラック企業を見極めればいいのか。年間約1000件以上の労働相談に応じるNPO法人POSSEの今野晴貴代表に聞いた。

こんの・はるき / 1983年生まれ。著書『ブラック企業』で大佛次郎論壇賞受賞。近著に『求人詐欺』など。(撮影:風間仁一郎)

Q1.ブラック企業とは何者なのか

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP