フェイスブックにあふれた米大統領選関連のガセニュース

米国の大統領選挙を盛り上げた“燃料”は、遠く東欧の小国からも投下されていた。米ニューヨーク・タイムズ紙は11月25日付の電子版で、選挙期間中に大量に出回ったうそのニュースの一部が、ジョージア(グルジア)在住の無職青年によるものだったと報じた。

「本気にするとは」ガセネタ作者も驚き

「ローマ法王がトランプ支持を表明」「クリントンはイスラム国に武器を販売していた」……選挙期間中、フェイスブックなどSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上にはエセニュースが大量に流れていた。ジョージアの青年も偽のニュースサイトを作り、親トランプに傾斜した虚報を発信した一人。政治的な動機があったわけではない。閲覧者に広告をクリックさせPV(ページビュー)連動型の収入を得るのが狙いだった。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP