[ポイント1]
「NOVAバイリンガルスクール」が滋賀県にオープンした。外国人や英語が話せる日本人保育士が常駐する教室で、かつての大人向けとは異なる業態だ

[ポイント2]
最大手だった同社が経営破綻したのは2007年。事業を継承した現NOVAは、9年を経て7億円の利益を出すまでになったが道のりは平坦でなかった

[ポイント3]
日本振興銀行の支援を受けるもその同行が経営破綻するなど、経営はまさに七転八起。稲吉正樹社長は、授業料を月謝制に変更し、事業の差別化に取り組む

 

 

「ドゥー・ユー・ハブ・ア・ペット?(あなたはペットを飼っていますか?)」

動物が描かれたカードを手に、外国人講師が問いかけると、5歳くらいの子どもがよどみなく答えた。

「アイ・ハブ・ア・ゴールドフィッシュ(金魚を飼っています)」

滋賀県南西部にあるJR栗東(りっとう)駅。10月1日、そこから徒歩2分ほどの場所に、0~12歳の子どもを対象とした英会話教室「NOVAバイリンガルスクール」がオープンした。

栗東駅前校(滋賀県)はロハス風のコンセプトNOVA(上)と新業態のバイリンガルスクール(下)を併設

ネイティブの外国人が長時間接しバイリンガルを育成するというのが売りだ。英語を話せる日本人保育士も常駐し、大人が通うイメージの強かった過去のNOVAとは異なる、新業態の教室となっている。

薄れる破綻の記憶 業績も着実に上向く

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP