鴻海副総裁でもある戴社長はソニーなど日本企業との取引経験もある

4期ぶりの最終黒字化──。シャープは2018年3月期に、何としてもこの目標を達成させようとしている。

16年8月に台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業によるシャープの買収が完了し、直後に鴻海から社長として送り込まれたのが戴正呉(たいせいご)新社長だ。

戴氏が社長に就任して以来、シャープではコストカットの嵐が吹き荒れている。LEDやレーザーを製造する三原工場を、センサー類を製造する福山工場に集約することを発表したほか、子会社間合併や間接部門の分社化を進めるなど固定費削減の対象に聖域はない。

太陽光パネルの原材料であるポリシリコンの購入などでは、市況変動があるにもかかわらず長期契約で固定的だったことから、その見直しに取り組んでいる。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP