2017年も続く糖質制限ブーム

近年ブームとなっているのが糖質制限ダイエットだ。ご飯などの炭水化物や砂糖に含まれる糖質は、体内でエネルギーに変換されやすい一方、細胞にため込まれて脂肪にもなりやすい。そこで糖質の摂取を極力抑えることで減量につなげるわけだ。日本の全糖尿病患者のほぼ9割を占め、食事や運動など生活習慣の乱れにより増加している「2型糖尿病」を改善する効果も期待できる。

ただ巷間いわれている糖質制限は玉石混淆の状態。そこで3人の専門医に糖質制限に関する主な疑問をぶつけてみた。その見解は下記を参照してもらうとして、3人に共通したのが「炭水化物をまったく取らないような極端な方法は避けるべき」という指摘だ。糖質制限が健康に及ぼす長期的な影響については、まだ研究や議論が進められている段階。無理な糖質制限は特に控えよう。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP