世界中から優秀な人材を集め、日々新しいイノベーションを生み出し続けている米国シリコンバレーに、冷水を浴びせるような事態が起こった。ドナルド・トランプ大統領の誕生だ。

トランプ氏は12月14日、ニューヨークでアップルのティム・クックCEOやグーグルの親会社アルファベットのラリー・ペイジCEOなどシリコンバレー企業のトップらと会談。これまでシリコンバレーのIT企業に対し批判的なトーンだったが、この日は「あなた方を応援したい」などと述べた。

仲介役としてこの会談を実現させたのが、著名投資家のピーター・ティール氏だ(下写真)。ティール氏は大統領選挙期間中からトランプ氏支持を表明し、同氏の選挙活動に125万ドルの寄付を行っていた。会談でティール氏はトランプ氏の隣に座り、良好な関係を印象づけた。

自らゲイだと公言し自由主義者かつ移民でもあるなど、本来は共和党の綱領に反する立場にある

富の偏在に警鐘を鳴らす

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP