星条旗の前に立つドナルド・トランプ氏。スーパーパワーの行方はどうなる(AFP=時事)

1カ月後、米国・ワシントンで行われるイベントは後の世の政治史に深く刻まれることになるだろう。ドナルド・トランプ氏が第45代米国大統領に就任する2017年1月20日、自由の国の首都は大きく変容した姿を世界中にさらけ出すことになる。

首都に動員される兵士や警備関係者は1万人以上。いくつもの市民団体が衝突覚悟で大規模デモを計画する。自由の国から閉塞感に覆われる分断国家へ。世界の人々は、米国という国の本質が変わってしまったことをはっきりと認識するはずだ。

そして、同じ瞬間、その国の頂点に立とうとする人物のことも、もう受け入れざるをえないと気づく。ポピュリズム(大衆迎合主義)という鋭利な武器を手に大国を切り刻んだ男である。

日本でも繰り返すポピュリズム

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP