国内政治

2021年9月まで官邸1強

高い支持率を背景に祖父の悲願達成へひた走る安倍首相(EPA=時事)

2017年の日本政治を予測するうえで最も重視しなければならないのは、「21年9月」という4年以上も先の節目である。

現在、「連続2期6年まで」とされている自民党の総裁任期は、17年3月5日の自民党大会で、「3期9年まで」に正式に延長されることが決まっており、安倍晋三首相が当初18年9月としていた自らの政権の終着点を3年間延ばしたうえで政権運営に当たるのは必至だからだ。

総裁任期延長の議論を主導した高村正彦副総裁らは、「制度論からの決定であり、安倍首相の続投を前提としたものではない」などと強調している。しかし延長論は、16年7月の参院選をはじめ、政権復帰した12年衆院選、衆参両院の「ねじれ」を解消した翌13年参院選、消費増税先送りで国民の信を問うた14年衆院選と、安倍首相が四つの衆参両院選挙を連続して自民党の大勝、圧勝に導いたことを受け始まっている。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP