東芝が分社化で生き残りを図ろうとしている半導体ビジネスは今、業界全体で大きな地殻変動が起きている。巨額の企業買収が相次いで起こり、「札束合戦」の様相を呈しているのだ。

それを象徴するのが、2016年7月に発表されたソフトバンクグループによる半導体チップ設計会社・英ARMの買収だ。約3.3兆円の買収金額はJTの英ギャラハー買収を抜き、日本経済史上の最高記録となった。同10月には通信用半導体最大手の米クアルコムが蘭NXPを約5兆円で買収すると発表、NXP自体も15年に米フリースケールを約2兆円で買収しているなど、とにかくケタ違いの買収が繰り広げられている。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP