「私に求められているのは、しがらみのない一定の合理性に基づいた経営判断。自由闊達な風土を醸し出す」──。

昨年5月の社長交代会見で東芝の綱川智社長は、医療用機器畑からのトップ就任について、こう述べていた。就任直後の会見では、各社内カンパニーの「自主自立経営」を何度も強調していた。

昨年の社長交代会見。社外役員の小林喜光氏(左)は「外部招聘も考えた」と語っていた(撮影:梅谷秀司)

だが自主自立路線は裏目に出る。米ウエスチングハウス(WH)で判明した莫大な建設コストについて、WH会長でエネルギーシステムソリューション社の社長であるダニー・ロデリック氏が、綱川社長に報告したのは12月中旬のこと。業績の上方修正を繰り返した後だった。自主自立を尊重した結果、任せきりになり、重大な経営情報の共有が遅れた。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP