[ポイント1]
日産自動車の16年度中間決算は7年ぶりの減収減益だった。世界販売台数の4割を占める北米市場では、シェアが過去最高だった一方で業績悪化が顕著だ

[ポイント2]
北米市場における日産のシェアはこの5年間で1%上昇しているが、数を追うために投入している1台当たりの販売奨励金はホンダのほぼ2倍に上る

[ポイント3]
東南アジアの大苦戦で、北米に目標達成の重圧がのしかかる。現地の販売ディーラーからは、ブランド構築より量を追い求める姿勢に疑問の声が上がる

 

「2016年度上期は為替変動の逆風に直面したが、確かな業績を達成できた」──。

日産自動車の16年度の上期決算は、中間決算としては7年ぶりの減収減益となった。前年同期を売上高で10%、営業利益で14%下回り、成長軌道に陰りが出た形となった。通期でも減収減益を見込む(図表1)。カルロス・ゴーン社長によると、これは円高や新興国通貨安など為替影響の逆風によるものだという。

[図表1]
拡大する

しかし、久しぶりとなった今回の減益決算には、注目すべき別の要因がある。日産の世界販売台数の4割を占める屋台骨、北米地域の業績が著しく悪化しているのだ。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP