ポピュリズムとは何か - 民主主義の敵か、改革の希望か (中公新書)
ポピュリズムとは何か - 民主主義の敵か、改革の希望か (中公新書)(中央公論新社/244ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。
みずしま・じろう●千葉大学法政経学部教授。1967年東京都生まれ。東京大学教養学部卒業、東大大学院法学政治学研究科博士課程修了。博士(法学)。オランダのライデン大学客員研究員、甲南大学法学部助教授などを経る。専攻はオランダ政治史、欧州政治史、比較政治。

分厚い知見に照らし分析してみせた良書

評者 北海道大学大学院教授 遠藤 乾

橋下徹氏からトランプ氏まで、21世紀は「ポピュリズムの世紀」となった。2017年も欧州で国政選挙が続き、その勢力の伸長は確実視されている。

本書は、もはや一過性の現象とはいえぬこのテーマをいま読み解くのに最適である。

政治史・比較政治を専門とする著者は、南北アメリカから欧州の大小国にいたるまでの、広角かつ分厚い学術的蓄積を惜しげもなく本書につぎこむ。

「エリートと人民の対比を軸とする政治運動」と定義されるポピュリズムは、カリスマ的指導者が、批判対象のエリートを飛び越え、ネットや国民投票を介して人民の不満を直接くみとる現象だ。イデオロギーは希薄で、反ユダヤ主義などの伝統的な極右とは一線を画する。既存政党が大衆と乖離し、格差が広がる中で、反グローバル化や移民排斥などを旗印に伸長した。

本書の主たるテーゼは、リベラル・デモクラシー(の先進国)なのに、ではなく、それゆえに、ポピュリズムが興隆するのだということにある。

現代のポピュリズム政党や指導者は、議会であれ国民投票であれ、民主的な回路や制度にのっとり、それをむしろ重視する。男女平等、表現の自由、政教分離といったリベラルな価値を掲げ、それゆえに、イスラーム教の反リベラリズムを攻撃する。福祉国家も大切にし、そのただ乗りを許さないといった形で、(ムスリム)移民を叩く。

本書の含意は、リベラルな価値や民主主義の論理に基づいて、ポピュリズムを批判することの困難だ。

さらに著者は踏み込む。ポピュリズムは、法治国家の破壊リスクを抱える一方、民主制の「救済的」機能を併せもち、政治と民主主義を活性化しうるとする。一例がベルギーだ。そこでは、生き残りをかけた既存の政党が、民意くみとりの方途を開拓し、政党政治が蘇ったという。

もう一つ著者が強調するのは、南米と比べ、先進国のポピュリズムが、経済的というより文化的で、寛容を軸とする支配的価値観や政治的正しさ(PC)に対抗する点だ。これは、ベルギーの劇場での演題から大阪の文楽まで、一見政治と無関係な場が、現代ポピュリズムの主戦場になりうることを示唆する。

ポピュリズムは、どこまでデモクラシーのみならずリベラリズムの論理を突き詰めたものか、リベラリズムはそれに尽きるのか、先進国のポピュリズムは本当に政治や民主制を活性化するのか、議論してみたいことは数多いが、日本における政治史研究の分厚い知見に照らし、優れて現代的かつ世界的な課題である本テーマを分析してみせた良書として、お薦めしたい。

 

人質の経済学 (文春e-book)
人質の経済学 (文春e-book)(文藝春秋/228ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。
Loretta Napoleoni●ジャーナリスト。マネーロンダリングとテロ組織のファイナンス研究の第一人者。1955年ローマ生まれ。米ジョンズ・ホプキンス大学、英ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで修士号取得。ハンガリー国営銀行で通貨フォリントの兌換化を手掛けた。

実態が明らかにされる麻薬・誘拐・難民ビジネス

評者 東洋英和女学院大学客員教授 中岡 望

原著のタイトルは『人間の商人』、副題は「いかにしてイスラム戦士とISは誘拐と難民密入国を何十億ドルものビジネスに変えたか」である。訳書のタイトル『人質の経済学』では本書の狙いが曖昧である。

著者はつねに現場を足で歩いて取材し、刺激的な事実を明らかにしてきたジャーナリストである。過去に『イスラム国──テロリストが国家をつくる時』や、中国経済を取り扱った『マオノミクス──なぜ中国経済が自由主義を凌駕できるのか』など、刺激的な本を出版してきた。

本著は、なぜ麻薬ビジネスが国際的なネットワークを作り上げたのか、なぜ難民・移民ビジネスが登場したのかを明らかにしたものである。統計的な事実に依拠するのではなく、麻薬や誘拐、難民の密入国などに直接携わっている多くの人物のインタビューをもとに書き上げられているのが最大の特徴である。そして、「生身の人間を貨物のように扱う悪徳商人」の実態を明らかにしている。

著者は、麻薬・誘拐・難民ビジネスが国際的なネットワークを作り上げたのは、2001年9月の同時多発テロ事件後に米国の「愛国法」が成立したのが要因であると指摘する。米国への麻薬輸出とマネーロンダリングの道を断たれた南米の麻薬業者は売り先を西アフリカ経由で欧州に求めた。また破綻国家続出で発生した大量の難民や移民が新しいビジネス機会を生み出した。さらに元イスラム戦士が参加するようになり、「このビジネスは、ヨーロッパ内外のジハーディスト組織に資金を供給し続けている」。

難民問題は極右政党の伸長、移民排斥、国境管理強化などを引き起こしている。こうした問題を理解する上でも本書は貴重な情報を提供してくれている。

 

いつも笑顔でいられる 楽々、感情コントロール
いつも笑顔でいられる 楽々、感情コントロール(文芸社/200ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

笑顔は自分を救い豊かにするとともに人間関係を成功に導く。だがつねに笑顔を失わないでいることは難しい。著者は精神科のクリニックで多くの患者に接する中で笑顔の重要性を認識し、どのようにして精神をコントロールするか、タイプ別に紹介している。

一般論としては常識的だが、どれも当事者としては難しいからこそ悩ましいとも読み取れる。「怒りを鎮める」「悲しみに折り合いをつける」「不安から逃れる」「後悔の念を断ち切る」「不満を解消する」の5章でケースリポートを進め、笑顔を取り戻していくことを共通テーマとしている。

高圧的で問答無用の上司とは人間関係を薄め組織の歯車に徹する。デリカシーのない相手にはいちいち反論したりせず笑ってその場を去る。自分に冷たい上司は無視し「見ている人は見ている」と信じて誠実に働き成果を上げていく。そんなアドバイスが並ぶ。笑顔でいるための指南本というより人生相談の書だ。(純)

 

フェイス・トゥ・フェイス・ブック -- クチコミ・マーケティングの効果を最大限に高める秘訣
フェイス・トゥ・フェイス・ブック -- クチコミ・マーケティングの効果を最大限に高める秘訣(有斐閣/394ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

マーケティングを進める際に、とかく扱いに困るのが「口コミ」だ。科学的に裏付けのあるものとして取り込めないか。本書は、オンラインとオフラインの口コミを同時に測定する独自の調査から得たビッグデータ(「トークデータ」と命名)を解析し、口コミの謎を解明する。

書名は、オンラインの「フェイスブック」と、オフラインの「フェイス・トゥ・フェイス」を掛け合わせた造語から。オンライン・マーケティングと、オフライン(リアルないし対面)のコミュニケーションを両用することの重要性を集約している。オフライン、オンラインを問わず、口コミは有用と結論づける。

ただし、国民性の違う米国でのデータを基にした分析であり、特に日本で盛んな口コミサイトやオンラインコミュニティから得られるデータ情報については含まない。日本でも独自の調査を行い論述が裏付けられれば、さらに説得力が増しそうだ。

プラス会員(有料)にお申し込みいただくと
下記のサービスがご利用いただけます。
  • 『週刊東洋経済』のすべての記事がWebで読み放題
  • 『週刊東洋経済』が毎号届く
  • 『会社四季報 業界地図』のコンテンツが閲覧できる

    ※一部のコンテンツは無料会員記事でも閲覧が可能です。

  • 東洋経済主催セミナー無料ご招待
プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP