「メシが食える大人にする」という教育理念を掲げる塾が、花まる学習会だ。高濱正伸代表は学力のみならず、人間力も育む場として野外体験を推奨してきた。ただ都会っ子は、そうした体験を日常的に積むことが難しい。親はどうすればよいのか、高濱代表に聞いた。

花まる学習会 代表 高濱正伸
たかはま・まさのぶ / 1959年生まれ。東大大学院修了。1993年「花まる学習会」設立。『わが子を「メシが食える大人」に育てる』など著書多数。(撮影:梅谷秀司)

──「メシが食える大人にする」というモットーを長年掲げてきました。

メシが食える力の基礎は何といっても幼児期や学童期に培われる。この時期にどんな力を鍛えるかが重要。いくつかの要素があるが、ここでは3つ挙げる。

まずは自分で「考える力」。その1つは図形の補助線をイメージしたり空間を認識したりする、見えないものを“見る力”だ。これは相手の心を考え、話の要点をつかむうえでも同様。見えないものをイメージすることが考える力につながる。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP