水と栄養分だけを通すフィルムの上でトマトなどの作物が育つ(撮影:今井康一)

砂漠の真ん中で農業を

「サハラ砂漠産のトマトっておいしいよね」「私はゴビ砂漠産が好きよ」──。そんなやり取りを耳にする日は、そう遠くないかもしれない。

神奈川・平塚市に本社を構えるメビオールは、砂漠やコンクリートの上でも農業ができるフィルム農法、「アイメック」のパイオニアだ。

フィルムが土壌の代わりに

農業を行ううえで重要な土壌づくりには高い技術が求められるが、アイメックでは土壌の代わりに、無数の微小な穴から水と栄養分だけを通すフィルムを用いる。細菌やウイルスを通さないため、農薬を使う必要もなく、未経験者でも短期間で農業を始めることができるという。

森有一社長(74)は、東レやテルモなどで20年以上、人工臓器の開発に携わってきた。1990年ごろに地球温暖化や食糧危機が叫ばれ始めると、医療で培った技術を環境や食糧の問題解決に生かすべく一念発起。95年にメビオールを設立した。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP