「起業前にテックキャンプで過ごした1カ月が最もしんどかった」と柴山CEO(撮影:梅谷秀司)

次世代の金融インフラになる

年金と退職金だけでは老後の資金が不安だが、資産運用するための知識も時間もない。現役世代をそんな苦悩から救うべく、「次世代の金融インフラ」の構築を目指しているのが、ウェルスナビの柴山和久CEO(39)だ。

同社が手掛けているのは、国際分散投資の理論に基づいたアルゴリズムによる資産の自動運用サービス。最低投資金額は100万円で、5段階のリスク許容度に応じて米国上場のETF(上場投資信託)6〜7種でポートフォリオを組んでくれる。手数料は預かり資産の年率1%で、3000万円を超える部分は同0.5%(いずれも税別)。売買や入出金の際の手数料は不要だ。

柴山氏は東京大学を卒業後、財務省や米マッキンゼーを経て、2015年にウェルスナビを立ち上げた。きっかけは、国際結婚した米国出身の妻の両親とのやり取りだ。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP