事業会社が自己資金でベンチャー投資活動を行う組織、CVC(コーポレートベンチャーキャピタル)が設立ラッシュを迎えている。ニコン、三井不動産、三越伊勢丹ホールディングス……。国内を代表する老舗企業がベンチャー投資に乗り出すのが最近の特徴である。豊富な経営資源を抱える大企業はなぜ今、ベンチャーに注目するのだろうか。

設立ラッシュ迎えるCVC

(注)各社HPやプレスリリース、取材を基に本誌作成。複数ファンドを組成している企業は合算値。─は未公表。ニコンはSBIとのファンド設立年月

ニコン

カメラなど既存事業の成熟化を背景に、新規事業の種を探しているのがニコンである。2014年に発表した中期経営計画で300億円をCVCプログラムに投資する方針を示した。15年から複数のVCを通じて100億円を投資している。16年にはSBIインベストメントとファンドを設立し、100億円の運用を始めた。残りの100億円は16年10月に始まったコーポレート・アクセラレーター・プログラム(CAP)などに充てる。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP