学年・性別関係なく和気あいあいと学ぶ。受講生の約4割が女子だ(撮影:今井康一)

中高生のための次世代教育

近年のプログラミング教育のブームを先導するライフイズテック。中高生向けのプログラミング教室を国内に6カ所展開し、約700人の中高生が通う。春・夏休みやクリスマスには大学構内などで3〜8日間にわたるキャンプを開催、これまでにのべ2万人の中高生にプログラミングに親しむ機会を提供してきた。キャンプには全国から生徒が集まるうえ、リピーターも多い。

あこがれの「メンター」が指導

生徒たちにプログラミングの指南をするのは「メンター」と呼ばれる大学生アルバイト。プログラミング技術やコミュニケーション力で選抜され、さらに100時間の研修を受ける。生徒にとってはあこがれの存在だ。スクールでは生徒5〜6人に対しメンターが1人つき、個人の興味やレベルに合わせた指導を行う。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP