産業の新陳代謝を促すうえで重要なのが、企業のIPO(株式新規公開)だ。国内のIPO市場は2009年から6年連続で拡大してきたが、16年は83社、調達金額も約8300億円と縮小に転じた(図表1)。

[図表1]
拡大する

大手証券会社のIPO部門幹部によると、「企業のIPOに対する意欲は強く、年率10〜15%で予備軍が増えている印象」という。にもかかわらず、業界の共通認識は「17年の件数も横ばい程度」(別の大手証券幹部)。高水準を維持しているが、一時の勢いがなくなった感は否めない。

減速の一因として考えられるのが、上場審査に対する幹事証券会社の姿勢の変化だ。「審査基準は変わっていないが、以前よりも慎重に見ていこうという流れになっている」(SMBC日興証券の河内一宏・公開引受部長)。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP