企業業績は着実な回復を遂げつつある。2016年度(多くの企業では17年3月期)は、約900社以上の純利益が最高益となる。さらに円高の一服や設備投資の増加を前提にすると、17年度には約1000社がこれを更新する。主要産業の産業天気図と、注目業種(自動車、商社、電気機器、小売り、建設・不動産、銀行)を解説する。

自動車
円高一服で利益回復 北米が波乱要因に

自動車業界は為替が安定し、17年度は利益が回復する。グローバルでの販売台数は各社で差があるが、緩やかな拡大が続く。

日産自動車は17年度に純利益が5900億円となり過去最高を更新する。ホンダも純利益が5700億円となり過去最高となる。トヨタ自動車の純利益は17年度から回復し2兆円に近づくが、過去最高には及ばない。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP