マイナス金利下で多くの地域金融機関が収益確保に苦しむ中、右肩上がりで利益を伸ばしている信用組合が広島にある。地元では「シシンヨー」と呼ばれる広島市信用組合だ。シシンヨーの2016年3月期決算は、本業の儲けを示す実質業務純益が14期連続の増益となる82億円。中国地方5県の金融機関の中でも、広島銀行や中国銀行といった各県トップ地銀らに続き、6位につける高水準だ。

原則3日以内に融資を実施

強さの秘訣はどこにあるのか。「地元の中小零細企業への融資を徹底して極めること。うちの強みはそれに尽きる」。山本明弘理事長は力を込めて語る。実際、メガバンク、地銀から信金・信組まで入り乱れての貸出先の獲得競争が激しさを増す中、シシンヨーの預貸率は84%。預金量の8割超を貸し出しに回すことができており、全国的に5割程度の信組平均を大きく上回っている。しかも貸出金利回りは3%と、多くの信組が2%台にとどまる中で高水準を維持している。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP