「横並びで単純な量的拡大競争に集中するような銀行のビジネスモデルは限界に近づいている」。金融庁の森信親長官はそう警鐘を鳴らし、銀行に変革を迫る。昨年の金融行政方針には「顧客とともに成長する新しいビジネスモデルを確立していく必要性が高まっている」と記載するなど、「頭を使え」と言わんばかりにハッパをかけている。

銀行マン自身はどう考えているのか。そこで本誌は、特集取材で集まった声を、「金融庁に厳しい声」「金融庁を評価する声」としてまとめてみた(下図)。

受け止め方はさまざまだ。ある地方銀行の経営企画部長は「金融庁の理屈はわかるし、行政方針の言葉は美しい」と認める一方、「その実現は非常に難しい」とため息交じりに話す。「現場にいたとき、今のビジネスモデルを考え直すような発想はなかった。この1、2年は、生き残りの方向づけを試されるとても重要な時期になる」と打ち明けるのは、支店長から執行役員になったばかりだという別の地銀幹部。多くの地銀が金利低下による貸出収益の悪化に頭を悩ませ、打開策を打ち出そうと必死に知恵を絞っている。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP