綱川智社長は3月14日の会見で、決算発表もできていない中で「新生東芝」を強調した(撮影:大澤 誠)

またも決算は出なかった。東芝は3月14日に予定していた2016年4〜12月期決算の発表を4月11日まで再延期した。

決算発表できないのは、米原子力事業子会社ウエスチングハウス(WH)の内部統制問題の調査が継続しているため。当初の予定から約2カ月の遅れとなる。不正会計が発覚した15年3月期も決算発表を2度延期している。風当たりは強まるばかりだ。

翌15日、特設注意市場銘柄指定の解除に向けた再審査を受けるため、東芝は内部管理体制確認書を東京証券取引所へ再提出した。東芝は15年9月、ガバナンスに問題があるとして同銘柄に指定されており、いつ上場廃止となってもおかしくない。四半期決算を発表できない状況で、内部管理体制の改善を主張しても説得力に欠ける。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP