今年のニコンは、一眼レフで目玉商品に乏しく、昨年以上に苦戦を強いられそうだ(撮影:尾形文繁)

2月23〜26日に横浜で開催されたアジア最大のカメラ展示会「CP+」。キヤノンとともに主役の座に君臨してきたニコンは今年ブース面積を縮小、往年の勢いは影を潜めた。

ニコンの異変が露呈したのは「CP+」に先立つ2月13日のこと。第3四半期(2016年4〜12月)決算発表で通期営業利益の予想を490億円から440億円に下方修正し、翌日の株価は15%の急落となった。

「3カ月前の16年11月に営業利益の予想を460億円から490億円に引き上げたばかりのところ、一転して下方修正したことで不信感を持たれた」と、シティグループ証券の芝野正紘ディレクターは話す。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP