ドイツの経常収支黒字がGDP(国内総生産)の8.7%に当たる2700億ユーロ(約33兆円)に達したのを受け、同国の経済モデルをめぐる論争が過熱している。ドナルド・トランプ米政権は、ドイツの輸出は過剰でユーロ相場を操作していると非難している。

実際のところ、ドイツの貿易黒字はユーロ相場とはほぼ無関係であるのに、スケープゴートにされた格好だ。ドイツ人の多くが、この点は言いがかりだ、として怒っている。ドイツは米政権が指摘するような輸出でのダンピングなどは行っておらず、ドイツの指導者層もユーロ相場を操作しようとはしていない。

ユーロ導入前のドイツは逆にマルク高政策を取っていた。輸出企業が為替に頼らず、技術革新を通じて競争力を維持するよう促すためだ。これは第2次世界大戦後のドイツ経済の特長であり、「経済の奇跡」を長続きさせた主因だった。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP