日産自動車に仏ルノーから派遣され、経営再建を果たしたカルロス・ゴーン氏。日本企業の経営にも大きな影響を与えた。ゴーン氏が変えたものは何か。自動車産業アナリストの中西孝樹氏に聞いた。

ナカニシ自動車産業リサーチ 代表兼アナリスト 中西孝樹
なかにし・たかき●米オレゴン大学卒。1994年以来一貫して証券会社等で自動車産業調査に従事。2013年から現職。(撮影:尾形文繁)

──初めて会ったときの印象は?

イメージはもう最初からコストカッター。ルノーのCOO(最高執行責任者)をしていたときにアナリスト向けのプレゼンを聞いたが、「聖域なきコストカット」をとにかく力説していた。すごいやり手で本当にコストを絞り上げる人間というイメージ。日産入りで、たいへん面白いことになるのではという期待があった。

──最初の日産リバイバル・プラン(NRP)をどう受け止めましたか?

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP