ビジネスの世界で、人工知能(AI)はもうSFではなくなりつつある。トヨタ自動車やリクルートグループなど、日本の名だたる大企業が相次いで自前の人工知能研究所を設立している。産業構造はどう変わるのか。そして、人間はAIとどう共存すればいいのだろうか。日本の「AI論壇」をリードする若手研究者に聞いた。

おちあい・よういち●1987年生まれ。東大大学院修了。独特なメディアアートから「現代の魔法使い」とも。父はジャーナリストの落合信彦氏。(撮影:今井康一)

東京五輪までには英語の 勉強がいらなくなる

──AIの登場で働き方はどう変わるのでしょうか?

AIとは結局、「今より強いスマホ」と考えればいい。それとエクセル。自動で請求書をまとめるエクセルを想像したときに、自分の仕事がなくなりそうだなと思う人。その仕事は危ない。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP