いのうえ・ともひろ●慶応義塾大学卒業。早稲田大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。2015年から現職。専門はマクロ経済学。(撮影:今井康一)

1割の人が働く世界、残り9割は国が養う

──AI(人工知能)は社会にどういった影響をもたらすのでしょうか?

特化型AIと汎用型AIに分けることが重要だ。今あるのはすべて特化型で、囲碁のAIなら囲碁だけ、と決められたタスクしかできない。一方人間は、囲碁もチェスもできる汎用的な知性を持っている。

特化型AIの時代では、根こそぎ仕事が奪われることはない。それでも特定の職業はなくなる。「仕事は奪われない」と断言する人もいるが、いかなる技術もこれまで多かれ少なかれ仕事を奪ってきた。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP