イラスト:熊野友紀子

安倍晋三政権は5年目を迎えた。米トランプ政権誕生やポピュリズム旋風に揺れる欧州情勢など世界が激変する中で、2017年度の日本はどうなるのか。学習院大学教授で国際経済学を専門にする伊元重氏に解説してもらおう。

学習院大学教授 伊元重
いとう・もとしげ●1951年生まれ。東京大学名誉教授、ならびに学習院大学国際社会科学部教授。専門は国際経済学。(撮影:田所千代美)

アベノミクスは成功か失敗か

この4年間で大きな成果が二つあります。一つは企業の内部留保が増えたことです。今後、その資金が投資や配当などの株主還元、そして従業員の賃金上昇へ使われるという期待感があります。

もう一つは雇用の需要が増大し、労働市場が引き締まったことです。正社員はもちろんですが、パートや派遣社員の不足が深刻になっています。こちらも賃金上昇につながる動きでしょう。デフレから脱するには賃金アップが欠かせません。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP