サークルKサンクスの看板は2016年9月から順次ファミリーマートに切り替わっていく(撮影:今井康一)

名古屋の人にとって親しみ深い「あの看板」が、2016年秋から次々と姿を消していく――。

コンビニエンスストア業界4位のサークルKサンクスを傘下に持つユニーグループ・ホールディングスと同3位のファミリーマートは16年9月、経営統合する。「サークルK」や「サンクス」といった屋号はすべて「ファミリーマート」に統一されることになった。

サークルKの1号店は1980年3月に名古屋市天白区に誕生した。東海地区を中心に店舗網を広げる中、04年9月には同業のサンクスと合併。直近の16年4月末時点での愛知県における店舗数は1212店と、業界首位のセブン‐イレブンを上回る。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP