ベントレーは景気の影響を受けることもなく、着実に売れている。7月に開設する新ショールームは、6台以上の展示が可能

愛知県は世界一の自動車メーカー、トヨタ自動車の本拠地である。関連企業に勤める人も含めれば、トヨタ関係者はかなりの数に上る。ゆえに名古屋市内を走る自動車もトヨタ比率が高い。その一方で中京地区は輸入車をよく見掛ける土地であり、ディーラーの数も多い。

トヨタの地元で販売に苦労はないのだろうか。英国製高級車を扱うベントレー名古屋を訪れ、販売企画室でマーケティング責任者を務める水谷典史氏に話を聞いた。

ベントレー名古屋を経営する株式会社アイカーズは、1993年にフォルクスワーゲン(VW)の販売で輸入車ビジネスに参入。現在は同じグループのアウディ、ベントレーのほか、BMW、ロールス・ロイスの販売も手掛けている。ベントレーの扱いを始めたのは2010年だ。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP