名古屋市天白区にある1986年開業の本店はまさに「サブカル聖地」。不便な立地ながら客足が絶えず、いまも同じ場所で営業中

全都道府県へ出店し、390店を展開、今年創業30周年を迎えるヴィレッジヴァンガード(ヴィレヴァン)。その1号店である本店は地下鉄鶴舞線の駅から徒歩15分の場所にある。旧刊中心に店員の推す書籍を積み上げ、関連雑貨を並べる。この「原点」といえる店づくりは健在で、遠方から訪れる客も多い。

本店は立地条件が抜群の下北沢店や渋谷宇田川町店に売り上げで劣るものの、ガレージ風の建物に板張りの床、階段を設けて全体を見渡せる店内レイアウトなど、レトロで路面店ならではの雰囲気にあふれており、独特の棚づくりノウハウが確立されている。

ヴィレヴァンは1986年にこの地で開業した。以来急成長を遂げ、2003年4月に上場。03年5月期の売上高は87億円、それが15年5月期で363億円、連結(ヴィレッジヴァンガードコーポレーション)では460億円規模に成長した。不良在庫を処理した13~14年に最終赤字に陥ったが、足元のヴィレヴァン事業の利益は急回復中だ。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP