名古屋の大学の「SSK」といわれて、何のことかわかる受験生は今どのくらいいるだろうか。かつて、名古屋のブランド女子大学の総称として使われていたもので、保護者世代ならピンとくるかもしれない。SSKは椙山女学園大学、愛知淑徳大学の淑徳、金城学院大学の頭文字を並べたものだ。

3大学ともに開学以来、長い歴史を持つ伝統校だ。金城学院大学は1889年に宣教師によって設立された女学専門冀望館(きぼうかん)にまでさかのぼる。椙山女学園大学は1905年に開校した名古屋裁縫女学校が母体。愛知淑徳大学も椙山女学園大学と同じ年に設立した愛知淑徳女学校に端を発する。河合塾教育情報部長の富沢弘和氏は、「かつてSSKは伝統や教育力の高さから、名古屋のブランド女子大として注目度が高かった」と話す。

東京の女子大御三家の津田塾大学、東京女子大学、日本女子大学、関西御三家の京都女子大学、同志社女子大学、神戸女学院大学と並び称されたSSKだったが、その呼称は今では成り立たない。3大学は時流に即した改革を進めてきたが、その過程で愛知淑徳大学が共学の道を選んでいるからだ。

女子大を共学化し総合大学となったことにより、志願者が大幅に増えた愛知淑徳大

愛知淑徳大学は、SSKの中で最もドラスティックに動いた大学といえる。共学化したのは95年。男女の性差、国籍の違い、世代の差などを超えて、「違いを共に生きる」という理念に則った改革だった。共学化と同時に学部新設にも積極的に取り組み、文学部のみの単科大学から、2004年には6学部を有する大学に生まれ変わっている。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP