名古屋から世界に向けて高く跳躍しようとしているのは、長い伝統の世界に身を置く人々だろう。「名古屋をどり」を継承する日本舞踊西川流の若き家元、西川千雅さんにその心意気を聞いた。

「名古屋をどり西川流」四世家元 西川千雅
にしかわ・かずまさ●1969年、西川流三世家元・右近の長男として名古屋に生まれる。6歳で初舞台を踏んで以来、国内外で公演やプロデュース活動を重ね、2014年9月に四世家元を継承。現在は東海学園大学、愛知淑徳大学非常勤講師も。年間最大の興行である「第69回名古屋をどり」は今年9月7日から11日まで、栄の中日劇場で1日3回公演を行う。(撮影:今井康一)

西川流が海外に進出したのは、割と早い時期です。私の祖父・鯉三郎と父・右近が1965年、アメリカで公演をしたのが最初。当時はテレビにも出演し、ワークショップと称してメイクや振り付けを紹介し、評判を得たそうです。

その影響もあり、69年に生まれた私は幼稚園の頃からアメリカンスクールに入れられました。もちろん、物心ついた頃から日本舞踊を教え込まれましたが、同時に英語も学ばされていたのです。そして15歳になった84年には、私自身もアメリカへ初の海外公演に行きました。当時は自分たちでお金を集めながら、テキサスからロサンゼルスまでを巡回。その4年後にはブロードウェーのプロモーターに招かれ、サンフランシスコからニューヨークまで、北米大陸を横断する公演をこなしました。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP