英国の国営企業からWHを買収し、笑顔を浮かべる西田元社長(時事)

「今から結果を見て振り返ると、非常に問題な判断だった」。3月29日、米国原子力事業子会社ウエスチングハウス(WH)の連邦破産法11条適用申請で記者会見した東芝の綱川智社長はこう総括した。

今回の危機は経営者の暴走が原因と片付けられてしまいがちだが、経緯をひもといていくと、どの会社にも起こりがちな失敗の教訓が浮かび上がってくる。

失敗1 情報戦で踊らされ予想外の高値買収

発端は2006年にさかのぼる。東芝は熾烈な入札競争を勝ち抜き、WHを買収した。金額は54億ドル(当時の為替レートで6210億円)と巨額。WHについては「2000億円程度が適正」というのが業界の評価だったが、当時の社長・西田厚聰氏は「原子力事業の成長性を考えれば妥当」と一蹴していた。

今も考えは変わらないのか。4月5日に西田氏を直撃すると、返ってきた答えはこうだった。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP