小林喜光氏は2016年に志賀重範氏を会長に指名(撮影:尾形文繁)

「あれを買収したらすべてスムーズにいく。建設会社がタダで手に入り、訴訟がなくなり、全体としてコストも下がるという報告だった。独立監査人(当時は新日本監査法人)も問題ないと言っているという説明もあった。普通なら賛成する」(東芝のある社外取締役)

「あれ」とは、2015年に買収し、巨額損失の原因となった米国の原発建設会社ストーン・アンド・ウェブスター(S&W)である。買収の報告者は志賀重範副社長(当時。会長を経て現在は執行役)だ。

ウエスチングハウス(WH)とS&Wが共同で進める米国の原発建設は工事が大幅に遅れ、コストが急増。その責任と費用負担をめぐって当事者間で係争が発生していた。そこでWHがS&Wを買収し、互いに訴えを取り下げることで合意した。電力会社に工期延長と建設費の増額も認めさせ、丸く収めたように見えた。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP