フリーポートは天然ガスを液化して船で輸出できる設備を持つ(Photo/Bloomberg via Getty Images)

新生東芝が抱える最大のリスクといえるのが「フリーポート」だ。米国テキサス州フリーポートで天然ガスをLNG(液化天然ガス)にするプロジェクトを進める会社と、2013年に契約を締結。19年から20年間、毎年220万㌧の加工能力を持つことになった。

ところが落とし穴があった。契約では加工料に固定部分があるため、LNGに加工しなくても、一定の料金を20年間払い続けなければならない。東芝は20年間いっさいLNGを引き取れない場合の最大損失を9713億円としている。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP