三菱重工業が開発する小型ジェット旅客機「MRJ」(三菱リージョナルジェット)。5度の納入延期で、開発は異例の10年目に突入した。開発費は増え続け、後から開発された海外のライバル機との差はゼロに近い。それでも三菱重工は「完成機事業を長期的視点で育てる」(宮永俊一社長)と、高い「授業料」を払ってでも航空機事業への挑戦を続ける覚悟だ。半世紀ぶりの国産旅客機には国民的な期待が掛かり、さらなる遅れは許されない。

「初めからここまでできていればよかった」。1月23日、東京・港区の三菱重工本社。MRJの納入延期会見で宮永社長は悔しげな表情を浮かべた。宮永社長が悔やむのは、開発現場全体を引っ張るリーダーの不在と日本人技術者の知見不足という、組織的な課題だ。

2008年に開発が始まったMRJ。当初は13年の納入開始を予定していたが、09年に主翼の材料変更などで納期を数カ月延期。その後も延期を繰り返し、その回数は計5度に及ぶ。現在は「20年半ば」が納入目標だ(図表1、2)。

[図表1]
拡大する
[図表2]
拡大する

三菱重工はMRJの納入延期のたびに、開発子会社である三菱航空機の社長交代を繰り返した。それでも経験不足は否めず、開発現場で起きるトラブルや試験計画の見直しに、迅速に対処できなかった。度重なるMRJの納入遅延は三菱重工本体の足を引っ張っている。当初想定したMRJの開発費は1500億円。量産工場の整備費や年間数百億円規模で発生する人件費、顧客サポート体制も含めると累計で5000億円は下らないとされる。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP