村上世彰氏が設立したファンドの出身者が運営

狙いはいったい何なのか。3月23日、旧村上ファンド出身者が運営する投資ファンド、エフィッシモ・キャピタル・マネージメント(以下、エフィッシモ)が、東芝株8.14%を保有する筆頭株主になったことが大量保有報告書で判明。そこからさらに買い増しし、3月末の保有比率は9.84%になっている。

エフィッシモは本誌の取材に対し、「東芝株への投資目的は純投資。中長期的な企業価値の向上に伴う値上がり益や配当を享受することを目的としている」と言う。だが、これを額面どおりに受け取るのは難しい。何しろ東芝は無配会社である。しかも債務超過転落で中長期的な見通しよりも短期的な財務立て直しに汲々(きゅうきゅう)としている。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP