単語や年号、解法を丸暗記して、一度きりのペーパーテストに勝負をかける──。こうした大学入試は過去のものになりつつある。高校・大学での学びのあり方を大きく変える「高大接続改革」が、国によって進められているのだ。

これは高校教育と大学教育、これらをつなぐ大学入試をすべて改革するというもの。2015年3月から文部科学省で高大接続システム改革会議が開かれ、16年3月に最終報告が出された。

改革の背景にあるのは、グローバル化やICT(情報通信技術)化によって社会が激変する中、求められる人材やスキルが変容してきたことだ。これまで高校や大学では教員が一方的に授業を行うことも多く、受け身の学習になりがちだった。また、大学入試で求められる能力も知識や解法パターンの暗記に偏りがちで、入学後や卒業後にはあまり役に立たないとの批判も少なくなかった。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP