前職大統領の弾劾・罷免という、前代未聞の事態を受けて5月9日に実施された韓国大統領選挙。選挙戦前から安定した支持を獲得していた最大野党「共に民主党」前代表の文在寅(ムンジェイン)が圧勝を遂げた。政権交代となり、2022年までの5年間にわたる文在寅の韓国の幕が開いた。

故・盧武鉉(ノムヒョン)元大統領時代(03~08年)に、大統領府秘書室長を務めた文在寅。進歩(革新)系の大統領だった盧武鉉は在任中、慰安婦問題など歴史認識問題では「反日」というイメージが強く、その側近だったことで文在寅にも「反日」「左翼」大統領という視線が日本から送られている。

が、その見立ては正しいのか。それについては84㌻以降で詳述するが、まずは今回の選挙戦を振り返ってみよう。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP